購入前に節約するべきだった、全体の新節電施策は無駄がありすぎ。

長期にわたって、新築の方が利口な選択だと思いましたが、なんといっても地域や距離の方を最優先にすればよかったのです。

今は昔とは多少違って、交通便の望ましい駅沿いの物件はほとんど中古になっているのです。

その点をもちろん最初から承知していたのですが、中古物件の欠点はかえって便利になるとは推測しませんでした。

今のうちの省エネが徹底しているが、現在の所在を考える度に、こんなうちがもっとアクセスしやすい地域に立ててあったら上等と少し失敗したようなおもいですが。

全体的にほとんど後悔している点がありませんが、ただ 新築物件を買う前に、その後の手放しを考慮しませんでしたこと、

購入時点から、いま 3年たっていて、1750万円いまさらこれを中古にして、駅沿いの中古に引っ越し費用を見積もったところ、不動産の方は420万も損を伝えたが、どうにも腑に落ちない対策ですから、当分は譲渡のを控えております。

本当に要らない、あまり余る完全電化設備に重視するよりは所在を重視するべきでした。

ちなみに土地価格は安かったのもあった、これ以上土地に掛ける余裕もありませんでしたが、もともと経済的な新築物件というものはなかなか ありえないかもしれません。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒野田市の注文住宅