間取り。LDKが狭く見えたり、実際に狭い部屋があります。

たいして勉強もせず、ただただこんな間取りがいい!と素人の私が書いたものを真っ先に提案してしまいました。

こちらが希望して提案したため、もちろん設計士さんはその通りに図面に書き起こしてくれました。

そのときは自分の希望の間取りになることが嬉しくて、何の疑問も持たずに話を進めていきました。

しかしいざ家が建ってみると、ただパズルをはめたような四角い間取り。

そのせいでLDKが狭く見えたり、無駄な廊下がありその分狭くなってしまった和室と洗面所。

なんともつまらない、坪数よりも狭く見える家になってしまいました。

なんでこんな間取りにしてしまったのか、せめてもっと勉強していたら…そう後悔せずにはいられません。

せっかくプロの設計士さんにお願いしていたのだから、まず素人の私が間取りを書くのではなく、こうしたいこと(和室は◯畳、土間収納が欲しい、室内干ししたい等)を伝えて土台となる間取りを書いてもらうべきでした。その間取りを見て、ここはもっとこうしてほしいという希望を伝えていき、間取りを決めていけば良かったです。

自分の勉強不足ということもありますし、間取りを考えるのは楽しいですが、プロの力にもっと頼るべきだと思いました。

あわせて読むとおすすめ>>>>>https://緑区注文住宅.com/